没後25年フォーラム「入江泰吉の日本の美・大和の美」


  チラシはこちら(PDF)

◆内容
 戦後から約半世紀にわたって奈良大和路を撮り続けた写真家・入江泰吉が没して25年の節目となるにあたり、彼が遺した写真作品や数々の業績をあらためて顕彰するため、ゆかりある方々や奈良の写真文化に携わる方々をお招きし、写真家・入江泰吉の魅力を語っていただきます。
 また、スペシャルトークでは月刊『目の眼』編集長の白洲信哉氏に「入江泰吉の見た日本の美」をテーマにお話いただきます。

[プログラム]
1.スペシャルトーク「入江泰吉の見た日本の美」
  ゲスト:白洲信哉(月刊『目の眼』編集長)
  聞き手:倉橋みどり(NPO法人文化創造アルカ理事長)

2.パネルディスカッション「入江泰吉が追い求めたもの、伝えたかったもの」
  ◇コーディネーター
  ・児島建次郎(元NHKチーフアナウンサー・白鳳短期大学名誉教授)
  ◇パネリスト
  ・矢野建彦(写真家)
  ・内藤栄(奈良国立博物館学芸部長)
  ・中尾考周(奈良県高等学校文化連盟写真部会代表理事)
  ・百々俊二(入江泰吉記念奈良市写真美術館館長・写真家)

◆日時

◆会場

◆参加費

【チケット販売】  ※6月9日(金)より販売開始

【お問合せ】

【主催】
奈良市、一般財団法人奈良市総合財団
【企画運営】
NPO法人文化創造アルカ


ホームへもどる