展覧会情報・お知らせEXHIBITION・NEWS

聖徳太子没後1400年 入江泰吉×工藤利三郎「斑鳩」展

開催終了 2021.07.09

開催日: 2021.7.10(土)ー2021.8.22(日)

 聖徳太子没後1400年の企画展第2回目として、当写真美術館所蔵作品の工藤利三郎(1848~1929年)と入江泰吉(1905~1992年)、二人の作品で法隆寺をはじめとする斑鳩の地を紹介します。工藤利三郎は奈良を拠点に古美術写真の先駆けとして明治後期から大正期にかけて活躍した写真家です。残された写真は文化財を修理する前の姿が写されており当時を知る貴重な写真となっています。一方、入江泰吉も戦後から斑鳩の地を訪れ、仏像のみならず境内周辺のたたずまいを撮り続けてきた写真家でした。二人の写真から文化財をとりまく変化と移りゆく斑鳩の風景を紹介します。
 
 

入江泰吉「法起寺の塔を望む」1964年頃
 

工藤利三郎「法隆寺中門」1893-1902年
 
 
工藤 利三郎(くどう・りさぶろう)
現在の徳島市生まれ。1877年、徳島の藍商・板東家の東京支店に勤務。翌年、「古書畫鑑賞会」に参加。日本の古美術の惨状を知り、文化財を写真に記録するため写真術を習得。1883年頃、徳島で写真館を開くが、奈良に転居。1893年、猿沢池畔に古美術写真専門の「工藤精華堂」を開業。被写体は奈良を中心に北は中尊寺(岩手)から臼杵石仏群(大分)とほぼ全国にわたっている。私財を投じて1908年から19年かけて写真集『日本精華』全11輯を刊行。1908年、81歳で逝去。工藤利三郎のガラス原板(1,025点)は、2008年、国登録有形文化財に登録された。
入江泰吉記念奈良市写真美術館所蔵。

home