一般展示室

利用規定

<使用と申込>
  • 申請書の受付は、使用初日の6ヶ月前にあたる日の属する月の第一日曜日午前10時から使用初日の7日前の午後5時までです(休館日を除く)。第一日曜日が休館の場合は第二日曜日からとなります。
  • 受付開始時に使用希望者が重なる場合は、抽選で使用者を決定します。
  • 一般展示室の使用内容は、写真の展示に限ります。ただし、公の秩序を乱し、または善良な風俗を害する恐れがある作品の展示はお断りすることがあります。観覧料の徴収及び物品(写真・写真集・絵はがき・ポスター等)の販売等はできません。
  • 使用期間及び使用時間は、展示の準備と撤去を含みます。(準備等で入館していただけるのは9時30分からです)
  • 展示室の使用期間:引き続き7日間以内
  • 使用時間及び使用料
    (全日)9:30~17:00・・・5,000円
    (午前)9:30~12:30・・・2,000円
    (午後)13:00~17:00・・・3,000円
  • 一般展示室の使用を使用日前に取り消す場合は、使用取消届を提出してください。
  • 一般展示室を使用する権利は譲渡や転貸はできません。
  • 使用料は、許可証の交付時に納めてください。使用料は原則として還付できません。ただし、使用日の30日前までに使用取消届を提出した場合は、使用料の100分の50を還付します。還付の際には、使用許可書及び領収書をご持参ください。
<展示>
  • ワイヤー・フック・サインボード・虫ピン・机・イスは無料で貸し出します。その他必要な物品(額縁・パネル・キャプション等)は使用者が準備してください。
  • 展示・撤去作業は使用者で行っていただきます。その際には、写真美術館職員の指示に従ってください。使用後は現状に復してお返しください。※生花・ごみ等は使用者が必ず持ち帰ってください。
  • 空箱等は持ち帰っていただくか、もしくは映写室に置いていただいても構いませんが、映写室は展示室最終日まで施錠します。一般展示室以外の場所(資料閲覧室他)を控え室や物置等に使用しないでください。荷物は手元に置かれるか、資料閲覧室内に設置しているコインロッカーをご利用ください。
  • 一般展示室を含む館内は飲食禁止・禁煙です。
  • 一般展示室の外には案内看板以外は出さないでください。
  • BGM等を流す場合は、一般展示室外に音が漏れないように音量を調整してください。
  • 館内の諸設備等を汚損・破損・紛失等された場合は、修理費等の実費を負担していただきます。
  • 使用期間中の作品の監視保全は、使用者の責任において行ってください。退出する際は、照明のみを消して一般展示室のドアは開けておいてください。なお、館外の不慮の事故の場合であっても作品に対する責任は負いかねますのでご了承ください。
<展示壁面>
  • 色:チャコールグレー
<照明>
  • ダウンスポットライト(天井埋込タイプ/角度調整可能)
  • 間接照明(蛍光灯/壁面埋込タイプ)
<備考>
  • 時期によっては、当館事業に使用している場合があります。
  • 案内状等を出される場合には、閉館時間は午後5時ですが入館時間は午後4時30分までですので、その旨を明記してください。展示室名は「一般展示室」です。
  • 使用者の自動車は1台まで来客用駐車場(北通用口)に駐車できます。2台目以降は必ず一般用の有料駐車場に駐車してください。(1時間以内無料)
  • 使用期間中は許可書を携帯してください。
※以上の事項を遵守されなかった場合や公益上・管理上支障をきたすと判断される場合には、使用の取り消し、または使用を中止していただく場合があります。なお、この場合に生じた損害については賠償の責任は負いません。