2014年7月5日(土)~9月28日(日)

入江泰吉の眼~ファインダー越しの古代奈良~

 写真家・入江泰吉は約半世紀にわたってカメラのファインダー越しに奈良を見つめてきました。そして、その眼に写しだされたものは、古代の姿そのままの風景だったのです。
 入江は、故郷奈良に帰った昭和20年から写真家活動を再開しています。当時の奈良は、豊かな自然と風雪に耐え遺った歴史的建造物が調和した風景や、昔から変わらない人びとの暮らしが営まれていました。 活動再開のきっかけとなったのは、そんな奈良の風景や営みに触れ感動を覚えたからです。それに加え、千年の星霜を経てきた深く長い歴史という奈良独特のエッセンスが、入江の写真家魂を刺激したのです。
 写真は眼に見えるものを忠実に再現します。しかし、入江は眼には見えない歴史の気配を写し撮ろうとしました。初期のモノクロ時代から晩年のカラー時代にいたるまで、常に奈良の歴史を念頭に置き、 写真芸術という表現の試行錯誤を繰り返しながら、入江は奈良の風景作品を作り上げました。
 今回は、奈良の風景が古代から続く不変の風景であることを証明しようとする、頑なまでのこだわりと情熱が生んだ入江の風景作品を、モノクロとカラー作品で紹介します。入江が見た古代の情景をご覧いただきます。