2013年4月10日(水)~5月13日(月)

入江泰吉の万葉風景「よみがえる万葉のこころ」
(高岡市万葉歴史館・富山県)

 日本人のこころを写しだしている『万葉集』を普及しようと、高岡市万葉歴史館、入江泰吉記念奈良市写真美術館、大阪府立大学の三者はコンソーシアム提携を結び、「視聴覚を通した万葉普及事業」を展開しています。 また、この事業の一環として、万葉歌とそのイメージとなる写真を合わせた「萬葉寫眞簡(万葉カード)」を制作しています。万葉びとが歌に込めた想いを写真から感じ取っていただくものです。
 今回は、大伴家持ゆかりの地であり万葉文化が根付く高岡市で、写真家・入江泰吉がとらえた大和の万葉風景を紹介します。万葉カードに取り上げた作品を中心に、大和に眠る歴史や万葉びとのこころを写し撮った作品から、 美しい万葉の世界にふれていただきます。